HOME > 治療について

基本治療       


患者さんのお悩みのどのような症状でも、東洋医学の診察、診断に基づいてしっかり診させていただきます。古来より伝承されてきた東洋医学を進化発展させた理論と感覚的な高度な技術を体感して下さい。

病状説明も東洋医学だけでなく現代医学の理論や検査データなども利用しながらわかりやすく行いますので、安心して来院して下さい。




            クリック 施術の流れ
            クリック 東洋医学の治療道具
            クリック わかりやすい東洋医学の基礎理論

免疫力アップ


現代社会には原因がわからない病気や治りにくい病気がたくさんあります。有効な治療法や治療薬が見つかっていない現在、免疫を高める事がもっとも重要と言えます。当院の治療では人間が本来持っている力「自然治癒力」を最大限に引き出し、免疫力を向上させる事ができます。西洋医学の治療や薬と併用しても全く問題ありません。薬の副作用にお悩みの方にも有効な治療です。

また、「何をしてもすぐに疲れる」「すぐに風邪や病気に罹ってしまう」
虚弱体質の方に当院の治療はとても有効な治療です。虚弱体質の方の中には、薬を飲んだらすぐに胃が荒れてしまったり、鍼灸治療を受けると刺激が強す
ぎて身体が怠くなるような方がおられます。このような方でも当院の治療は
安心して受けて頂いております。

継続して治療を受けて頂き当院が行う養生指導をしっかり守って頂ければ、
必ず満足して頂ける身体の変化が起こるでしょう。
  

クリック 免疫とは

逆子改善・安産治療・不妊治療補完

△逆子改善
鍼灸の世界では昔から「逆子治療には鍼灸が有効」と言われています。特にお灸が有名です。実際、逆子が改善されたケースもたくさんあります。時期にもよりますが改善する確率は高いようです。

しかしお灸は熱さを伴います。皮膚に火傷が残る場合もあるかも知れません。我が子を思う母親からすると耐えられるものかもしれませんが、なるべくなら痛みや熱さは感じたくないものですよね。

当院の逆子治療は接触鍼を用いて行いますので、痛みや熱さは全くありません。しかし逆子が改善する確率はお灸に劣りません。むしろお灸を上回る治療効果と自負しております。

その自信が「逆子治療費返金制度」に表れております。帝王切開回避のために全身全霊で治療させて頂きます。

クリック 逆子治療費返金制度


△安産治療
逆子改善された場合も安産目的で継続して治療を受けて頂く事も可能です。治療を受ける事でお母さんの身体だけでなく、赤ちゃんの身体も元気なります。

当院は妊婦さんの不安や負担を少しでも軽減させ、元気で健康な赤ちゃんが産れるように全力でサポートいたします。


△不妊治療補完
日本人に「不妊症が増えている」と言われ久しくありません。その数は6~7組に1組とも言われています。不妊治療の数も過去10年で3倍になっているそうで、不妊クリニックの数も世界最多とも言われております。それに伴いテレビや雑誌などで取り上げられる機会も増え、女性の妊娠に対する不安は助長されるばかりです。
当院では東洋医学的に不妊の原因を分析し、自然治癒力を高める事で子宮内の環境、卵巣の状態の改善を図ります。また既に西洋医学的な不妊治療を受けておられる方にも当院の治療はお勧めです。西洋医学的な治療を邪魔する事無く、むしろ西洋医学な治療を補完し妊娠する確率を高める効果を望めます。

発達障害に対する治療

近年、発達障害でお困りのお子さんが増えております。発達障害の原因は現代医学ではまだわかっていないのが現状です。そのため効果があると言われる治療法の情報が氾濫しています。
鍼灸治療もその一つです。結論から申しますと鍼灸治療は発達障害に一定の効果があります。言葉が遅いからイライラしやすい等の精神的な症状、興奮して夜寝ない等身体的な症状のような「発達障害によって生じた症状」は治療可能です。また身体的な成長を促進する事も東洋医学は可能と考えています。しかし「発達障害」自体を改善する訳ではありません。発達障害を改善するには適切な療育が必要と当院では考えております。鍼灸治療や民間療法では残念ながら言語発達や社会性の獲得などの発達の遅れを直接的に改善する事はできません。

直接的にな改善は望めませんが、発達の遅れを助長している二次的な要因(精神的的な症状、身体的な症状)な改善は望めます。鍼灸治療でマイナス状態をニュートラルの状態にし、療育でニュートラルの状態から発達を促すプラス状態にする事が重要と考えております。

当院は療育の知識もあり、子育てに関する相談も承ります。発達障害に対する介入は早ければ早い程良いと言われています。どんな事でも構いませんので、氾濫している情報に惑わされず気になる事があればすぐにご相談下さい。

                     

▲ページトップに戻る

 
inserted by FC2 system